アレキサンドロスの作詞作曲法!川上洋平の趣味や過去を入れまくり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アレキサンドロスの作詞作曲法!川上洋平の趣味や過去を入れまくり?3

アレキサンドロスの作詞作曲を担当しているのは
ご存知の通り洋平くんですね!

 
曲を聞いていて、
あ、コレ、洋平くんの実体験だなって
思う事、結構ありますよね。

それと、趣味の映画を連想させる曲も多いです。
 

そこで今回は、
洋平くんの趣味や過去を感じさせる 曲を調べてみました。


Sponsored Link

幾つ見付けられる? 趣味の映画に関連した曲

洋平くんと言えば、
映画好きで有名ですよね。

メンバーの中では、同じく映画好きの
さとやす君と一緒に見る事が多いそうですよ。
 

映画館のロビーに2人がいたら、
凄く目立つんじゃないでしょうか。(^^)

幾つか映画関連の曲を紹介すると…。
 

『Oblivion』のアレンジを
インディ・ジョーンズ 最後の聖戦のラストで
ハリソン・フォードとか4人が夕陽に向かって走って行く感じと語っています。

 
『Kill Me If You Can』では
スターウォーズの台詞
may the force be with ya!(フォースと共にあれ)の歌詞が。
 

『For Freedom』のタイトルは
ブレイブハートの曲の一節から取ったもので、
映画からインスパイアされた曲だそうです。
 

同じく『Rocknrolla!』
ロックンローラにインスパイアされた曲。
歌詞は洋平くんの年表みたいですね。(^^)

 
『Claw』の歌詞には、
I want Imogen Poots
(イモージェン・プーツと付き合いたいね)とあります。

イモージェン・プーツは、
イギリス人の女優さんです。

知らなかった人は検索しましたよね。(^^)
もちろん僕もしました。(^^)

芯の強そうな美女ですね。
さすが洋平くん。
女性の好みもワールドワイドです。

 
他にも映画関連の曲は、
探せばもっとあるはずですが…。

そんなに詳しくないのでこれ位で。(^^)

 
映画って、世界中の風景が見られるし、
現代だけじゃなくて、過去も未来も。

洋平くんの頭の中には、
今まで見て来た映画の
様々な風景やシチュエーションが
インプットされているんでしょうね。

 
曲の世界観にも活かされているんじゃないでしょうか。


Sponsored Link

過去の嫌な出来事は音楽で跳ね返せ!

アレキサンドロスの作詞作曲法!川上洋平の趣味や過去を入れまくり?1

洋平くんは、
小学校3年生から中学校3年生までシリアで過ごし、
現地のアメリカンスクールに通っていました。

自分を振り返ってみると、
小学校3年生の男子とか、
特に何も考えてなくて、

同級生とワイワイ 校庭を駆け回っていたような気がします。(^^)

 
その後、高学年から中学生になる辺りで、
一番めんどくさい…じゃなくて
多感な時期を迎えるんですよね。(^^)

 

この時期を海外で過ごした洋平くんは、
帰国して、日本独特の雰囲気に染まった
同級生に馴染めなかったようです。
 

日本では、なるべく目立たないようにしていた方が
楽って言うのはありますよね?
 

そんな中、自分の考えをはっきり言う洋平くんは、
周りから浮いてしまったみたいですが、
それでも自分のスタイルを貫こうと決めたそうです。

 

その時の事を書いたのが『Run Away』
 

それと、いじめの事や日本人の嫌な面を
ぶっちゃけているのが
『ワンテンポ遅れたMonster ain’t dead』です。
 

かなり過激な歌詞ですが、
悔しさを跳ね返す パワーを感じさせますね。

 

デビューを諦めなかったサラリーマン時代

アレキサンドロスの作詞作曲法!川上洋平の趣味や過去を入れまくり?3

アレキサンドロスは、当初の予定では
大学生の内にデビューするはずだったんですが…。
 

その希望は叶わず、
メンバーはサラリーマンを
やりながらバンド活動をする事を選択しました。

 
50歳になってもデモテープを作り続ける為、
敢えてアルバイトではなく、
安定した収入を得られる サラリーマンを選んだそうです。

 

その頃の心境が綴られているのが
『spy』です。

この曲は、大学卒業直前に作ったそうですよ。
 

歌詞に登場するジョン・マクレーンは
映画ダイ・ハードシリーズの主人公。

「最も不運な男だけど不死身」
と言う キャッチフレーズを持っています。

まさにこの時、そんな気分だったんでしょうね。
 

その後、2007年から本格始動に向けて
地下に防音室がある家で共同生活を始めます。

 
でも、サラリーマンやりながら
デビューを目指すのって 凄く大変ですよね?

 
平日はせっせと働き、土日はライブとスタジオ。
休み無し。(^^)
ストイックで無駄がありません。

 
それにしても、自宅にスタジオって、
バンドマンの夢ですね。(^^)

共同生活をする事で、結束力も高まりますし。
ある意味逃げ場が無いとも言えますが…。(^^)
 

今思えば、どうしてデビュー出来なかったのか不思議です。
 

レーベルに見る目が無かったのか、
たまたま運が悪かったのか…。

それとも時代が追い付いていなかった?
 

音楽に限らず良く聞きますけど、
僕はアレキサンドロスの場合も
これが一番しっくり来るような気がします。(^^)

他にもAlexandrosの曲についていろいろ掘り下げてます!
⇒ Alexandros(アレキサンドロス)の歌詞は名言が盛り沢山!名歌詞まとめ

アレキサンドロスの作詞作曲法まとめ

アレキサンドロスの作詞作曲法!川上洋平の趣味や過去を入れまくり?2

さて。川上洋平の趣味や過去が感じられる
作詞作曲法は以上です。

楽しんでいただけましたか?
 

洋平くんの場合、メロディと歌詞が
同時に出来るパターンが多いんだとか。

 

曲が浮かんだ時には、既にテーマと言うか、
歌詞の内容は決まっている感じなんですね。

 
そこから更に歌詞を加えて、
原曲が出来上がるんですが、
曲作りはセッション形式で行う為、
完成までには、かなり時間が掛かるそうですよ。
 

嫌な思いもたくさんしたし、
デビューまで時間が掛かったけれど、
今パワー全開って感じですよね。


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す