アレキサンドロスのバラード曲まとめ!洋平の声と歌詞が超泣ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アレキサンドロスのバラード曲まとめ!洋平の声と歌詞が超泣ける!1

4月から、新しい環境で頑張っている人も
多いんじゃないかと思います。

そろそろ身体的にも、精神的にも
疲れが出て来る頃では?

アレキサンドロスのバラード曲まとめ!洋平の声と歌詞が超泣ける!1

そんな時には、アレキサンドロスの
バラード曲で癒されてみませんか?

バラードを歌う洋平くんの声って
やさしくて、気持ちが落ち着くんですよね。
でも、気付くと涙が…。

ストレス解消には、泣くのも効果的
なんだそうですよ。


Sponsored Link

アレキサンドロスの泣けるバラード曲まとめ

『かえりみち』

演奏はギターのみで、ラフな感じです。
歌詞の内容は、バンドマンの日常

楽しい事も辛い事もあるけれど
だからこそ人生は面白い!

僕も洋平くんのように
ポジティブでありたいなと
思います。(^^)

ところで洋平くん、あまりお酒は
強くないようです。

ウィスキーなんて飲んだら、
記憶飛んじゃうかも…。

でも、“君の胸” は覚えてるんだ…。(^^)
モテる男子には、そんな事もあったり
するでしょうけど…。(^^)

『サテライト』

何となくラブソングかなって
思ってしまいますけど、
歌詞に登場する ”君” は
子供の頃の自分
なんだとか…。

今の洋平くんは、この曲がリリースされた
頃よりも、だいぶ地球儀に近付いて
いますよね
。(^^)

子供の頃に思い描いていた未来とは
違う現実…。

でも、ほとんどの人はそうなります。

なので、この曲を聞くと、気持ちだけは
少しでも少年のままでいられたらなって
思うんですよね。

具体的に何かと言われると
難しいですが…。(^^)


Sponsored Link

『Underconstruction』

洋平くんの死生観が感じられる曲で、
心に響く深い歌詞です。

Underconstructionは、工事中の意味。

何を工事しているのかと言うと、
人生なんじゃないかと思います。

自分が目指すモノになる為に
努力を重ねるって事でしょうか。

洋平くんは、中学生の頃に
いじめに遭った
んですよね。

ここまで凄い歌詞が書けるのは、
もしかしたら、死を意識する位
追い詰められた時期があった
のかも
しれませんね。

『真夜中』

⇒ 真夜中の動画はこちら

洋平くんによると、歌う理由の1つが
ようやく書けた曲
なんだそうです。

真夜中に一人でいると、色んな事を
考えちゃいますよね。

同じシチュエーションで聞いたら
ゼッタイに泣ける曲
です。

特にこの春から一人暮らしを始めた人、
この曲はヤバイかも。

東京の音…。
人の声とか、電車の音や車の音でしょうか。
緊急車両のサイレンの音?

どこでも聞く音ですが、都会だと
真夜中でも途切れないイメージです。

『spy』

⇒ spyの動画はこちら

もちろん曲も歌詞も良いんですが、
MV凄くないですか?

THIS IS HEREのテロップから
バンド演奏に切り替わるトコロ、
グッと来ちゃいます。

この先はずっと、この4人で
続けて行くんだって言う、
意気込みみたいなモノを感じませんか?

デビュー直後にドラマーが脱退。
その後、サトヤス君がサポートから
正式メンバーとして加入して
ようやく落ち着いた頃
なんですよね。

『涙がこぼれそう』

女性に対するコンプレックスが
全て詰まった歌
なんだそうです。

意外ですよね?

洋平くんだったら、恋愛なんて
楽勝だと思うんですけど…。(^^)

MVでは、パートが入れ替わっていて、
それぞれのメンバーの演奏を
真似しています。

ベースを弾くサトヤス君も
カッコイイなと思いました。(^^)

落ち込んでいても、MVを見たら
自然と笑顔になってしまいますね。

『今まで君が泣いた分取り戻そう』

もう、タイトルだけで泣けますね。(^^)

洋平くんが俳優デビューした事で話題
映画、「きょうのキラ君」の主題歌です。

動画が見当たらないので
映画の予告編をどうぞ。
⇒ 映画の予告編はこちら

映画の内容については書きませんが、
見た上で聞くと、更に泣ける曲です。

と言う訳で、
アレキサンドロスのバラード曲まとめは
以上です。

アレキサンドロス洋平の声と曲が泣ける!最期に

って、[Champagne]時代の曲の方が
多かったんですけどね。(^^)

どうでしょう。思う存分泣いて、
スッキリしていただけましたでしょうか。

ただ泣いて終わりじゃなく、
何かしらの希望を見出せる
のが
アレキサンドロスですよね。

お互い、明日からまた頑張りましょう。(^^)

では!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す