Alexandrosライブを予習!定番曲と掛け声は?参戦時の服装(夏・冬)も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Alexandrosライブを予習!定番曲と掛け声は?参戦時の服装(夏・冬)も1

Alexandrosライブを予習!定番曲と掛け声は?参戦時の服装(夏・冬)も1

今回は、これを読めば
アレキサンドロスのライブ初参戦も安心
をテーマに書いてみようと思います。

覚えておきたい
定番曲や服装も紹介しますよ。

是非読んで行ってくださいね。


Sponsored Link

アレキサンドロス ライブの定番曲は?

過去のライブのセトリを参考
ライブの定番曲を紹介します。

歌詞を完璧に覚えて参加しましょう。

・ワタリドリ
・Kick&Spin
・Run Away
・Starrrrrrr

この4曲は定番中の定番。

続いて

・Adventure
・Waitress, Waitress!
・city

こちらも演奏される確率が高いです。

「Burger Queen」
オープニングで使われる事が多いですね。

静かな曲以外は、
大体皆さん歌っていますが、
シンガロングの時は、
更に大きな声で歌っちゃいましょう。(^^)

その時には、洋平くんは歌わないので、
タイミングは掴みやすいと思います。

掛け声とか手拍子は、
特に決まりはありません

ああ言うのって、
自然に湧き上がると言うか…。

タイミングを外さなければ、
自由な雰囲気です。

1つだけ、「Cat2」の
”オライッ” は
決まると気持ちイイので是非!(^^)

「Waitress, Waitress!」も、
掛け声や合いの手みたいなのが
似合う曲だと思います。

注意したいのは、
バラード等の静かな曲の時。

一緒に歌ったり手拍子をすると
周りの人からひんしゅくを買ってしまうかも…。

スタンディングエリアは、
人と人の距離が凄く近いですよね。

洋平くんの歌声に集中したいのに、
耳元で他の音が聞こえると…。

あまり気分の良いモノではありません…。(^^)

スタンディングエリアの雰囲気 初めてでも大丈夫?

スタンディングライブに
参加するのが初めてなら、
真ん中より前はオススメしません

スタートと同時に、
前方に向かって
ドッと人が押し寄せます。

暑いし汗をかくし、
足の踏み場も
無い位に人がびっしり!

演奏中はずっとその状態が続き、
モッシュやサークル、たまに
ダイブも起こります。

慣れていないと、巻き込まれて
怪我をしたり、
気分が悪くなってしまう事も。

前方でも端の方は少しマシです。

ただ、ぎゅうぎゅう詰め状態なのは変わりません

後方ならゆったりと見る事が出来ますが、
ステージからは遠くなります。

初めてのライブ参戦時は、様子見で
真ん中より少し後ろ辺りまでで
我慢しておいた方が良さそう
です。

でも、何度も参加して慣れていても、
ゼッタイ怪我をしない、
気分が悪くならないとは限りません。

少しでもおかしいなって思ったら、
自力で歩ける内に、周りに助けを求めて
移動
させてもらいましょう。

スタンディングエリアでは、
その辺り慣れている人が多いので、
協力
してもらえますよ。

せっかくのライブですけど、
ゼッタイに無理はしないでくださいね。


Sponsored Link

ライブ参加は身軽で! 荷物はコインロッカーに預けよう

入場前は、
物販で手に入れたグッズや荷物で、
両手が塞がっている状態だと思います。

指定席なら座席の下に多少は
置けますが、スタンディングの場合、
荷物を抱えていては危険
です。

是非コインロッカーを利用しましょう。

会場の外のロッカーなら、
開場前から利用出来ます。

入場前に必要な物以外を入れてしまえば楽ですよ。

一方、会場の中にもロッカーがある所も。
こちらは、入場してからでないと
利用出来ません。

良いポジションをゲットしたいなら、
外のロッカーに預けてから入場した方が有利です。

会場によっては、コインロッカーが
少ない所もありますし、無い所も…。

そんな時は、駅や他の施設のロッカーを
利用する事になりますが、
利用出来る時間は要チェックです。

ライブが終わってから荷物を
出そうとしたら、閉まっていた!
なんて事も起こり得ますので。

ライブハウス以外の大きな会場や
フェスの時には、クロークが
設けられる事が多いです。

1回500~1000円程度

大きなビニール袋を渡されて
荷物を詰めて預けます。

貴重品は入れられませんし、
一度預けたら、ライブ終了まで
取り出し不可になりますので気をつけてくださいね。

冬の待ち時間は寒い! コートはどうする?

夏なら全然問題ありませんけど、
困るのは冬のライブです。

コートをロッカーに入れてしまったら、
待っている間寒いですよね。

半袖で待っている猛者もいますが…。(^^)

かさばらないパーカーや
カーディガンを着て、
ライブ中は腰に巻いて観るって手もあります。

でも、落ちやすいので注意です。

アウターの下は、
長袖Tシャツ等の軽装で行って、
上から購入したTシャツを着て待っている人もいますよ。

それでも寒いんですけどね。(^^)

風邪をひかないように、
カイロを用意すると良いかもしれません。

どうしても我慢出来そうにない時は、
無理せず会場内のロッカーを利用しましょう。

スタンディングライブの持ち物 バッグは?

荷物を預けて、
身軽になったところで
さぁ入場です!

この時点で持っているべき物は、

・チケット
・ドリンク代(400~600円程度)
・タオル
・コインロッカーの鍵orクロークの引換券
・スマホ

で十分です。

ドリンク代が必要かどうかは、
チケットに書いてありますので
確認してください。

でも、これらをポケットに入れていたら、
落としてしまう可能性が高いですよね。

小さめのボディバッグ
ウエストポーチのように
体にフィットする物を利用するのがオススメです。

紐が長いバッグは、
引っかかって
切れる心配があります。

首に掛けるタイプの
チケットホルダーも便利ですが、
バッグ部分を服の中に入れると安全ですよ。

汗をかきますので、
タオルは必需品です。

でも、一々バッグから取り出すのは大変。

グッズのタオルを首に巻いておけば、
すぐに拭けて便利です。

結ぶかリストバンドで留めて
落ちないようにしましょう。

スマホは何かあった時の連絡用に
持っている人が多いようですね。

もちろん撮影や録音は厳禁です。(^^)

汗で水没なんて事が無いように、
ジップロック等のファスナー付き
ビニール袋に入れておきましょう。

心配なら、持ち込まずにロッカーへ。

他には…、

今のところ、ファンクラブ限定ライブのみ
ID確認が行われていますが、
今後それ以外のライブでも
本人確認が行われるかもしれません。

その時は、身分証明書等も忘れずに!

ライブ中は意外と邪魔なペットボトル

入場してから一番かさばるのって、
引き換えたドリンクの
ペットボトル
ではないでしょうか。

ライブが終わってから引き換える人も
多いですけど、かなり汗をかくので
ライブ中の水分補給も大事です。

他のモノと一緒に入れておくと
落としても気付かない場合があります。

ペットボトルだけは、
専用の場所に
入れておきましょう

他には、ペットボトルホルダーを
使っている人もいますよね。

首から下げるタイプよりは、
カラビナが付いた短いモノの方が
引っかからなくて良いと思います。

でもアレ、結構外れちゃうんですよね。(^^)

バッグは邪魔だから持ちたくないって人には、
ファスナーや蓋付きの
大きめなポケットがあるカーゴパンツ等がオススメ。

ジャンプしても、ペットボトルが
ブラブラせず、気になりません。

小銭やスマホも落ちませんし…。

手ぶら派の人は、ライブ用に1着
用意しておくと良いかもしれません。

ライブの服装 夏と冬で違いはある?

スタンディングエリアは、
後方にでも行かない限り、
ぎゅうぎゅう詰め状態です。

その中で
ジャンプありモッシュありとかなりの運動量

冬でも結構汗をかきますので、
夏と同じで大丈夫です。

具体的にどんな服装をしたら良いのか
書いて行きますね。

【靴】
女性に気を付けて欲しいのは靴です。

暑いからと言って、ビーサンなど、
肌が出るモノは避けましょう。

(コレは男性もですね)

踏まれると悲惨です。(^^)

それと、少しでも良く見えるように、
ヒールの高い靴を履きたくなる気持ちも
分からなくはないんですが…。

踏まれると、とにかくモノ凄く
痛いんですよね。

最悪骨折も!

厚底は不安定なので、
モッシュでバランスを崩して、
周りを巻き込む危険性があります。

やはり、脱げにくく安定性が高い
スニーカーが一番です。

足首までカバー出来る、
ハイカットのスニーカーなら
更に安心
ですね。

こちらはほどけない紐の結び方。

ライブ中に靴紐がほどけたら、
しゃがんで結び直すのは大変ですよね。

とっても簡単なので、
是非試してみてください。(^^)

【服】
スカートは長くても短くても
やめた方が良いです。

他の人と密着している状態で
ジャンプしていると、
めくれ上がってしまいます。

多分いないと思いますが、
レースやチュール等の薄い素材は、
引っかかると破けてしまうので避けましょう。

ライブには、動きやすく、
しっかりした素材のパンツが最適です。

ショートパンツにレギンスを合わせる
スタイルも良く見掛けます。

ストッキングだと伝線しやすいので、
レギンスの方が良いでしょう。

トップスは、会場で購入した
Tシャツを着ている人が多いです。

別にどんなTシャツでも大丈夫ですよ。

ライブが始まれば見えません。(^^)
アクセサリーは、外しておきましょう。

身動き出来ない状態で落としたら
拾えませんし、原型を留めたまま
発見される可能性は低い
です。

他の人に当たって、
怪我をさせてしまう
可能性もありますね。

後は、グッズのタオルを首に巻けば完璧!です。

【髪型】

長い人は、まとめた方が
ボサボサになりません。

でも、高い位置のお団子は、
後ろの人が見えづらくなってしまいます。

ポニーテールやツインテールも、
高い位置で結ぶと、ジャンプした時に
周りの人の顔を直撃します。

耳の下辺りで結んで、髪を前に垂らすと
バサバサしなくて良いそうです。

サトヤスくんファンなら、三つ編みも。(^^)

色々書きましたけど、指定席の場合
スペースは確保されているため、
お団子以外は、服も靴もアクセサリーも大丈夫です。

でも、ずっと立っていますので、
靴は疲れにくい物を。

ライブで買ったTシャツ どこで着替える?

アレキサンドロスのTシャツは
普段使いも出来るオシャレなデザインで、
見たら必ず欲しくなりますよね。(^^)

しかし、女性の場合、購入したTシャツを
どこで着るか
って問題があります。

会場内の女子トイレは、
常に長蛇の列です。
着替えの為だけに利用するのは、どうなんでしょう…。

女性ファンの皆さんは、
それ込みで並んでいるんでしょうか…。

夏ならキャミやタンクトップ。

冬なら長袖Tシャツを着て行って、
その上からTシャツを着るとかなら、
トイレじゃなくても大丈夫かと…。

でも、ライブが終わった後には、
ビショビショになったTシャツを
着替えてから帰りたいですよね。

この場合、個室に入らないと厳しいです。

会場以外の施設のトイレで着替えるなら
他のお客さんの迷惑にならないよう
マナーには気をつけたいですね。

着替えについては、
是非とも女性ファンの
皆さんの意見を聞いてみたいです。

フェスなどの野外ライブに必要な物は?

野外ライブとの一番の違いは、
天候に左右される事。

台風や余程の荒天じゃない限り、
多少の雨では開催される事がほとんどです。

野外会場って、足元は大体土ですよね。

当日は晴れていても、前日が雨だったら
ぬかるんでいる可能性が高いです。

時間が長いので、急な雨に見舞われる
場合もあります。

なので、雨具の準備は欠かせません。

傘はさせませんから、
カッパ等を用意しましょう。

ちょっとカッコ悪いんですけど、
レインパンツがあると最強です。(^^)

普通のスニーカーだと、
雨が降ったら
ビチョビチョのドロドロ…。

レインブーツや防水スニーカーじゃないとキツイです。

加えて熱中症対策、日焼け対策も必須です。

Alexandrosのライブを予習!最後に

と言う事で、

アレキサンドロス
ライブ予習は以上です。

参考になりましたでしょうか。

ステージに集中しつつ、
周りへの意識も忘れず
ライブを楽しみたいですね。

では!


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す