アレキサンドロスがGREENS30thAnniversaryLive感謝感激あめあられに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アレキサンドロスがGREENS30thAnniversaryLive感謝感激あめあられに!3

Sponsored Link

アレキサンドロスがGREENS30thAnniversaryLive感謝感激あめあられに!1
 

 

少くなってきてはいるものの、

ライブに行くと伝統のあるホールは特によく

入り口であったり、あるいは各自の座席に

ビニールに入ったチラシが置いてあります。

そのチラシの会社が関西になると圧倒的に多くなるのがGREENSのチラシです。

帰りの電車に揺られライブの余韻に浸りながら

そのチラシを眺めるのは、ちょっとしたおまけの

楽しみにもなっています。

そのGREENS今年30周年という記念の年として、

フェスなどを企画しています。

なかなか生のライブに行かれることは少ないですが、

そのあとの配信でということも多くなってきてますから、

楽しみですね!

それではGREENSのフェスについてお話していきます。

GREENS30thAnniversaryLive感謝感激あめあられに とは

今回のフェスのタイトルは

「GREENS30thAnniversaryLive感謝感激あめあられに」となっていて、

GREENS創立30周年を記念した大イベントです。

GREENSは、関西で有名なので、関西にちなんだアーティストが複数出演します。そこで第二弾として

[ALEXANDROS]

CREEPY NUTS

ORALCIGARETTES

です。

でも「どうして[ALEXANDROS]も?」

と疑問が出てきそうですが、

洋平さんのお母さまは関西の出身なんです。

外国生活が長かったので、

そちらのイメージが強いかもしれませんが、洋平さんたちは

若いころに大阪に遊びに行ったりと「りくろーおじさんのちーずケーキ」
なんかも知ってます。


Sponsored Link

“感謝感激雨あられ”はいつ?

[ALEXANDROS]が出演するのは

2020年11月27日(金)の大阪城ホールです。

ライブは、観客を本格的に収容しておこなわれること

はできません。

そして入り口でのマスクの着用、消毒、席を1つずつ開けるなど

できる限りの対策がされています。

1つのアーティストの場合は、1部、2部に分かれて

換気対策などの時間を設けますが、今回は

アーティストごとに時間があくのでそこを利用するのでは

と思います。
 
アレキサンドロスがGREENS30thAnniversaryLive感謝感激あめあられに!3
 

 
 

さすが関西人!

 
フェスの金額は
 
前売り料金 ¥6,930-(ロック30周年)
席種 指定席
すべて電子チケット受け取りです。

電子チケットは、あらかじめ決められた

電子チケットのアプリをインストールしておく

必要があります。

さらに中高生など、支払いのために

現金を持ち歩くということをしなくても

あらかじめ電子決済をしておけば大丈夫です。

しかもカードが親の名前なので使えないと

考えるかもしれませんが、実際にライブに行く人の名前が
登録できますので、中高生ももちろん行かれます。

 
 
詳しくはこちら⇒GREENS30thAnniversaryLive感謝感激あめあられに

大阪城ホールの収容人数は

 
ここからは、おおよその人数を

見ていきたいと思います。

ステージの作りや、照明の関係、PAの配置などで

人数も変わってきますから、

1つごとに座席をあけた場合の
ライブはどのくらいになるのか、

イメージしていきましょう。

大阪城ホールの本来の収容人数は

最大収容人数:16,000人

・アリーナ:4,500人
・客席:9,000人

・立見席:2,500人

が標準的な配置です。なので8000人弱の収容人数と考えて

いいのではないでしょうか?

 
 

アレキサンドロスがGREENS30thAnniversaryLive感謝感激あめあられに!最後に

コロナの前までのライブでは、
観客同士が肩をつけて腕を振り上げ立ったまま

というスタイルでした。

さらに激しいライブになると観客が頭の上から転がって来る!

なんてこともあったりと

熱狂することに別の楽しみを加えていたともいえます。

ですが、コロナ禍でのライブはその今までのライブとは
全く違う新しい形
を作り出しつつあります。

これから先、もっともっと工夫を凝らした近未来的なライブも
楽しめるようになるかもと思えば、次のまた次を見たい
ものですね。

 


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す