Alexandrosのクラッシュはリピ確定の神曲?魅力やおすすめ歌詞も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Alexandrosのクラッシュはリピ確定の神曲?魅力やおすすめ歌詞も!1

Sponsored Link

Alexandrosのクラッシュはリピ確定の神曲?魅力やおすすめ歌詞も!1

橋本環奈主演映画「バイオレンスアクション」
8月19日から全国公開しています。

そして主題歌を担当しているのがアレキサンドロス
タイトルは「クラッシュ」

Youtubeで曲も公開されていますが
早くも話題を集めています。
というのも一度聴いたらとにかく
リピしたくなる。

それが何なのか?
それはMVを聴いてみると
「なるほど!」
と思わず感動してしまう
ほどアレキサンドロス
クラッシュしているので、
そのあたりを一緒に見ていきましょう。


Sponsored Link

聴けば聴くほど魅了されるのはなぜ?

アレキサンドロスの曲のある特徴として、
「英語の詩が多く入る」「その場を情景させる」
など
がよく挙げられると思います。

ですがこの「クラッシュ」は、
特にchampagne時代から
アレキサンドロスの曲を聴き続けている人には
特にその違いがよくわかるのではないでしょうか。

思わずリピしてしまう神曲なの?

アレキサンドロスのロックテイストの曲は、
全体を通じて激しい音の連続
洋平さん切り裂くような声が入る
というジャンルが多いかと思います。

ですが「クラッシュ」は、違います。
初めて聴いた時には、なんかとても心地いい

なので何回も聴いているとロック調の中の
メロディアスな部分が耳に残る
のです。

例えば感情線と環状線の
韻を踏むところからの
曲の展開がとにかく気持ちがいい

この展開があるから
思わずリピしたくなると言えるのでは。

感情線に沿って
心は巡り巡って君に落ちて
ほらね

環状線に沿って
心は巡り巡って君に落ちて
ほらね

こういったメロディの
展開をする曲はこれまでは
あまりなかったように思われますが
その違ったところが
絶妙に感情移入してしまう神曲なのです。

MVにこめられるものはなに?

先日「クラッシュ」のMVが公開されています。
その1つがそのまま「壊す」ことをテーマとしていますが、
ゆっくりと流れ、破壊されていく機械が
次の曲調が変わるところと一致して
時の流れを感じてしまいます

歌詞に込められた思いは

感情線に沿って
心は巡り巡って君に落ちて
ほらね

の歌詞の部分は、

先ほども少し触れましたが、
夜のさらに深いところまで気持ちの
落ちたところで悩みもがいている主人公が
想いがまとまらずにぐるぐるとループしている
場面を「環状線」に例えているよう
です。

そのあたりがこれまでのアレキサンドロスになかった
ところでここに
何回も聴きたくなるきっかけを作っています。

Alexandrosのクラッシュはリピ確定の神曲?魅力やおすすめ歌詞も!最後に

 
ガツガツとしたメタルに近い曲を「クラッシュ」
なので、そのままリズムにして曲を作るのもいい。
ですが、今回のアレキサンドロス「クラッシュ」は、
一歩引いたその意味を加えた大人の余裕があります。
 
そしてその余裕は、メンバーも洋平さん
ここ数年にこれまでにない経験をしてきた
実績
ではないでしょうか。
 
なかなか曲が出ない後に新しく曲を出すのは、
ファンの期待値がさらに上がるものです。
 
そこにこれまで以上の良さを引き出せるアレキサンドロス
「クラッシュ」はまさに神曲と言えます。


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す